ビットコインという仮想通貨が誕生してから8年が経ちました。

 

仮想通貨は次世代の通貨として大きな期待を受け、価格が暴騰することもあります。

 

 

そんな、仮想通貨の中にはビットコイン以外の「アルトコイン」というものが存在します。

 

 

ここでは、ビットコイン以外のアルトコインで投資を始めようと思う方に対し、

アルトコインについて解説していきたいと思います。

 

 

アルトコインって何??

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨を指します。

 

 

アルトコインは、「alternativecoin」から、altcoinと省略されるようになり、

「アルトコイン」と呼ばれるようになりました。

 

 

「alternative」は、「代替案」と言う意味です。

 

 

つまり、アルトコインは、ビットコインの代わりになる貨幣と定義され、

「ビットコイン以外の仮想通貨」となります。

 

 

アルトコインの数はどれくらいあるの?

アルトコインは、年々種類が増え、現在では1000種類以上もあると言われています。

 

 

しかし、その全てのアルトコインに価値がある訳ではなく、

実際に価値のあるアルトコインはほんの数種類であると言われています。

 

 

主なアルトコインは、

・イーサリアム

・リップル

・ライトコイン

・ファクトム

・NEM

・DASH

・モネロ

などがあります。

 

 

これらは全て、ビットコインの代替コインとして「アルトコイン」と呼ばれています。

 

 

しかし、ビットコインのような決済機能を持つコインばかりではないのです。

 

 

決済機能を持つ仮想通貨として有名なものは「ビットコイン」となり、

最も世界でも流通しています。

 

 

アルトコインで投資しよう

現在では、ビットコインではなく、

アルトコインをメインとして投資を行う方が増加しています。

 

 

アルトコインは、取引所で購入することになります。

 

 

また、現段階ではアルトコインは技術的にまだ未開の段階であると言われていることから、

価格の上下が非常に激しい仮想通貨となっています。

 

 

実際には、ビットコインでさえも、まだこれから発展していくものと思われている為、

初心者の方がアルトコインで投資を行うとなると、

かなり慎重に行うべきであると言えます。

 

 

大きな損害を出してしまわないよう、

低価格から投資を始めてみると良いでしょう。

 

 

アルトコイン投資の注意点は?

アルトコインを投資したからと言って、

必ずもうかるといったことは誰にも分かりません。

 

 

仮想通貨は少なからずリスクを伴うことを念頭において投資を行うようにしましょう。

 

 

実際には目にも見えず、手にも取ることのない通貨を扱う時点で、

それらが世の中に価値を生むかどうかについては、不透明であると言えるでしょう。