世の中を大きく動かすこととなったビットコイン。

 

 

仮想通貨取引を行う方の誰もが、

ビットコインの価値を重要視しています。

 

 

今後、何十年と先を考えた際、

ビットコイン将来はどのようになっているのでしょうか?

 

 

ここでは、ビットコインの将来性について

解説していきたいと思います。

 

 

ビットコインは安全資産として将来性が期待されている

ビットコインは、すでに発行量が決められていることや、

発行は採掘によってのみ可能であることから、

とても安全であるとみなされており、

安全資産であると言われています。

 

 

ビットコインは発行数が2100万BTCと決められている為、

そのものの価値が落ちにくく、

ビットコインに需要があるからこそ、

その価値が落ちにくいとされています。

 

 

これは、金を取引することに似た性質を持ちます。

 

 

ビットコインは世界中のどこにいても

取引を行うことができる為、

長期的に資産を保管したいと思う方にビットコインは

安全資産であると言えるでしょう。

 

 

ビットコインの最大のメリットは?

・非中央集集権

日本円などの法定通貨とビットコインでは、

発行主体の有無が大きく異なります。

 

 

ビットコインは自動的に発行されている為、

その発行量や通貨価値を左右されることがありません。

 

 

また、ビットコインは世界中で需要のある通貨である為、

自国の通貨危機に最適です。

 

 

・安全のP2P送金ができる

ビットコインは、送金の際にかかる手数料が

無料またはわずかであることから、

国際送金などにとても便利であると言えます。

 

 

銀行を介すことがない為、預金封鎖が起こることもありません。

 

 

将来に渡ってビットコインを投資するメリットは?

ビットコインは発行枚数に制限があることから、

新しく発行されて増えるということはありません。

 

 

その為、「金」と同じであると言われています。

 

 

しかし、ビットコインは世界各地にATMが存在し、

通貨に替えることもできます。

 

 

また、今ではビットコインを使用した決済を

行うことができる店舗が日本国内にも増えつつあります。

代表的な店舗で言うと、ビッグカメラがそれに該当します。

 

 

ビッグカメラでは、商品を購入する際に、

ビットコインでの決済を導入しているのです。

 

 

自身の持つビットコインが決済に利用できるとなれば、

とても便利ですよね。

 

 

このようなことから、ビットコインは

ここまで急成長を遂げている為、

全世界でも、もうビットコインの流動性を止めることはできません。

 

 

その為、今後、ビットコインの将来性については、

まだまだ大きく開かれることでしょう!