ビットコインキャッシュが誕生し、

それに続いてビットコインが分岐し、また新たな仮想通貨が誕生しました。

 

 

それが「ビットコインゴールド」です。

 

 

ビットコインキャッシュが誕生した際は、

取引所にビットコインを預けている方は、その同数分付与され、

ビットコインキャッシュの価値分だけ資産が増えた形になりました。

 

 

ビットコインゴールドも同じように価値が付いた場合、

同じような経緯を辿るであろうという味方をする方が大変です。

 

 

ここでは、ビットコインゴールドの説明と、

その特徴、価値、入手方法についてまとめてみたいと思います。

 

 

ビットコインゴールドとは?

ビットコインゴールドとは、ビットコインから分岐する仮想通貨となります。

 

 

ビットコインゴールドの提案者は、LigthtningASICのJack Liao氏です。

 

 

ビットコインゴールドは、ICOを予定していたものの、

ビットコインからフォークしたお金が集まり、

ハードフォークから生まれる形となったのです。

 

 

ビットコインゴールドの特徴は?

ビットコインゴールドは、基本的にはビットコインと同等の属性を持っています。

 

 

ビットコインゴールドとビットコインの大きな違いは、

マイニングにあります。

 

 

ビットコインゴールドのマイニングは、

特殊な装置を搭載しているPCではなくても、

普通に使用しているPCからでもGPUを使用し、

マイニングが可能となるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)です。

 

 

ビットコインゴールドの入手方法は?

ビットコインゴールドは、取引所にビットコインを所有している方に対し、

自動的に同数分のビットコインゴールドが配布されるようになっています。

 

 

入手するためには、ビットコインゴールドの対応を行っている取引所や

ウォレットに預けておかなければなりません。

 

 

国内外にある取引所の全てでビットコインゴールドへの対応を行うかなど、

各取引所で対応方法が発表されています。

 

 

ビットコインゴールドの価値はどれくらいあるの?

ビットコインゴールドの価値は、現段階では未だ不明です。

 

 

ビットコインキャッシュは、

1BTGが急激に10万円といった価値を生み出すこともあり、

投資を行う方を驚かせています。

 

 

しかし、常にその値動きであるとは限らず、

1000円や10000円となることもあります。

 

 

こればかりは、ビットコインキャッシュの需要と供給で決まります。

 

 

同じように、ビットコインゴールドもこのような経緯を辿る場合は、

相当な価格となる上、その価値は、ビットコインを超える可能性もあります。

 

 

また、ビットコインゴールドが誕生し、

その瞬間は保有者が多いことから、短期間の間に一攫千金を得て、

 

 

その後、急激に大暴落することも考えられます。

 

 

しかし、これは需要と供給のバランスであり、

市場が大きく動いていることが分かります。