今、話題の通貨と言えばビットコインと言っても過言ではありませんよね。

 

 

でも、人気は有るものの、正直ビットコインとは何なのかわかりにくいですよね。

 

 

そこでビットコインとは何なのか、簡単に説明してみたいと思います。

 

 

ビットコインとは?

ビットコインは日本円やドルなど現在のお金とは違い実態が有りません。

 

 

インターネット上でのみ、価値が生み出される通貨の代わりになるものです。

 

 

ビットコインの名前にもコインとついていますが、

これはお金と同じような働きをするので、

コインと呼ばれているのだと思います。

 

 

そもそも、お金ってなんなの?って言われると

正確な答えを返すのは難しいですよね。

 

 

お金というのは、価値の交換をわかりやすく、

簡単にするために数字で表したものです。

 

 

お金自体がなかった大昔の人々は、物と物を直接交換する、物々交換しか

取引方法がありませんでした。

 

 

しかし、食べ物は保存が出来ない時代という事もあったり、

大量に交換する場合は持ち運びも大変など、不便な点が多くあり、

そのため、貝や石などを用いて交換できるようになりました。

 

 

この石や貝自体は何の価値もありませんが、

人々が“この石は、お肉と交換できるもの”“この貝は、魚何匹分”

など、価値を付ける事によって何の変哲もない石や貝に価値が付きます。

 

 

もちろん石や貝では大きさもサイズもバラバラですし、

人によって価値観も違いますからそれを共通させたものが通貨ですね。

 

 

1円玉や10円玉自体には価値は本来ありませんが、

これは1円の価値があるもの

これは10円の価値があるもの

と、人々が共通の理解があるから1円玉や10円玉にも価値が出るのです。

 

 

話しは戻りますが、ビットコインは実態のないものですが、

人々がビットコインというものにたいして、価値があると思えばビットコインは

価値のあるものとして存在する事ができます。

 

 

ビットコインに価値がついて初めて取引されたのは、

なんとピザです。

 

 

そしてピザに対して交換されたビットコインは1万ビットコイン。

 

 

この取引の瞬間、1万ビットコインはピザと同じ価値である事が証明されたのです。

 

 

どんなピザでいくらだったのかわかりませんが、

ピザなら1万円もしませんから、

その当時1ビットコインは1円の価値もなかったんですね。

 

 

その時のビットコインを今でもまだ持ち続けていたら、

いまは1ビットコイン60万円前後ですから、60億円になっていたんですよね!

 

 

うらやましい限りです。

 

 

ですからビットコインは硬貨や紙幣などの実態のないものでありながら、

人々が価値を付ける事で存在している仮想の通貨です。

 

 

仮想通貨とビットコインの違いとは?

よく仮想通貨とビットコインの違いがわからないと聞かれますが、

仮想通貨とは、ビットコイン以外にもある

イーサリアム、ネム、リップル、ライトコインなどを

ひっくるめた総称の事を言います。

 

 

このように、ビットコインは仮想通貨の中の1種類です。

 

 

ビットコインはまだまだ将来性の高い通貨です。

 

 

今のうちに仕込んでいくのも良いですし、

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)にも

目を向ければ面白いものが見つかるかもしれませんね。