ビットフライヤーは、仮想通貨の売買を行うことができる

「販売所」であり「取引所」でもあります。

 

 

販売所と取引所とはそもそもどう違うのかを

意外に知らない方も多いと思います。

 

 

ここでは、ビットフライヤーの販売所と取引所の違いについて

解説していきたいと思います。

 

 

ビットフライヤーの「販売所」と「取引所」はどう違う?

販売所

・ビットフライヤーが提示した価格でビットコインの売買を行う

・ビットフライヤーが販売所として仲介を行うことで、ビットコインの購入価格は時価よりも高くなる

・ビットコインの売却価格は安い

・成功注文しかできない

 

 

取引所

・ビットコインを取引するユーザーと直接取引を行うことができる

・ビットコインは時価で売買することができる

・指値と成功注文の両方を利用することができる

 

 

このような点を考慮すると、ビットコインを購入する場合は、

ビットフライヤーの販売所で購入すると、

仲介者としてビットフライヤーがいる為、

その分ビットコインの購入価格が高くなってしまいます。

 

 

ビットフライヤーでビットコインの売買を行う際は、

「販売所」ではなく、「取引所」を利用するようにしましょう。

 

 

それにしても不思議な感じがしますね。

 

 

同じビットコインを買うにも、

「販売所」での購入が高くて、「取引所」の方が安いとなると、

何だか損得の問題になってきそうです。

 

 

ビットフライヤーで取扱う仮想通貨は?

販売所

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン

 

取引所

ビットコイン

 

 

ビットフライヤーでは様々な種類の

仮想通貨の取り扱いを行っています。

 

 

しかし、ビットフライヤーの取引所は、

ビットコインの売買のみしか行っていません。

 

 

利用の際は取引形態についてもしっかりと

確認しておくようにしましょう。

 

 

ビットフライヤーでのビットコインの取引方法

ビットコインの売買を行う際、ビットフライヤーの取引所では、

3種類の取引方法を選択することができます。

 

 

長期に渡って投資を行いたい方は、

ビットコイン取引所かライトニング現物取引にて

売買すると良いと思います。

 

 

これらは、元本を超える損失となるリスクがなく

安心して取引を行うことができます。

 

 

その為、ビットコインの売買や取引を行うことが

初心者であるという方にオススメです。

 

 

ライトニングFXはレバレッジを15倍までかけて

取引することができる為、

何度も取引を繰り返すという方は

売買手数料が無料のライトニングFXがオススメです。