コインチェックは危ない取引所?仮想通貨の管理は大丈夫?

コインチェックではどのように安全性を維持しているのか、

いくつか挙げてみましょう。

 

 

コールドウォレットによって仮想通貨を管理している

コインチェックが多くの取引者から預かる通貨の97%以上が

コールドウォレットによって管理されています。

 

 

オフラインで管理している為、ネットワークと切り離す分、

安全性を高く保つことができます。

 

 

コールドウォレットの暗号化

万一の障害の発生に備え、

システム全体の機能を維持することができるよう、

バックアップとして予備装置を配置して管理を行っています。

 

 

また、コールドウォレットは暗号化されている為、

ハッキングを最小限に抑えることができます。

 

 

資産管理について

顧客からの預かり金は、会社経営資金と分離されています。

 

 

その為、万一コインチェックが破産しても、

顧客からの預かり金はきちんと返金対応されることから、

安心して利用することができます。

 

 

セキュリティ体制が万全

コインチェックは、SSLシステムで暗号化されたやり取りを行う為、

第三者にデータを盗み取られる心配がありません。

 

 

また、2段階認証を採用している為、

ログイン毎にパスワードが変更され、

更にセキュリティを強化しています。

 

 

社内のセキュリティ体制も万全

パスワードはbcryptにより全て暗号化

コインチェックでは、ログインパスワードもbcyrptによって

暗号化されている為、社員が顧客のパスワードを閲覧することもできず、

データを覗き見することもできない仕組みとなっています。

 

 

コインチェックのサポート体制

コインチェックは、仮想通貨取引所の中で業界初の

盗難補償サービスを実施しています。

 

 

セキュリティ万全な上でも、万一大切な資産が盗難に遭った場合は、

上限最大100万円までとして補償してもらえるサポートがあります。

 

 

この補償については、「東京海上日動火災保険」が補償している為、

安心感が増します。

 

 

コインチェックは使い勝手が良いとして、

多くの方が利用している仮想通貨取引所です。

 

 

仮想通貨を初めて行う方は、ぜひ、セキュリティの高さ抜群のコインチェックで始めてみてはいかがですか?