仮想通貨のビットコインを購入しようと思う時、

コインチェックには取引所販売所があります。

 

 

実際にはどんな違いがあるのか、

意外と知らないという方も少なくありません。

 

 

ここでは、そんなあなたに少しでも

コインチェック取引所販売所の違いが分かるよう

解説してみたいと思います。

 

 

ビットコインの取引所とは??

ビットコイン取引所とは、コインチェックの他、

ビットフライヤーなどといった運営会社のことを言います。

 

 

ビットコイン運営会社はビットコイン取引所であり、

コインチェックはそれに該当します。

 

 

コインチェックの取引所と販売所はどう違う?

コインチェックでビットコインを購入する場合は

2種類の方法があります。

 

 

1.コインチェックからビットコインを直接購入する、「販売所売買」。

 

 

2.ビットコインを持つユーザー同士でと売買する、「取引所売買」。

 

 

1の場合は、コインチェックという会社から直接売買しています。

「お店にある商品を買う」イメージがわかりやすいですね。

 

 

2の場合は、コインチェックという会社を利用して、

ビットコインを持つユーザーと売買しています。

株を購入する時のイメージと同じです。

 

 

この違いが取引所と販売所となります。

 

 

「販売所」はどんな特徴を持つの?

・売買が確実

・コインチェックが指定する値段以外で売買できない

・取引所売買と比べると値段が高くなる

 

 

販売所売買では、コインチェックが提示する値段以外で

売買することができません。

 

 

お店が商品の値段を決めるように、

コインチェックがビットコインの値段を決めます。

 

 

しかし、取引所とは異なり確実に売買を行いたい方にオススメです

 

「取引所」はどんな特徴を持つの?

・取引している相手が分からない

・情報に基づいて取引を行うだけ

・販売所よりも安い価格でビットコインを売買することができる

 

 

取引所は、コインチェックを利用して

ビットコインの売買を取引するので、

相手が誰であるかは分かりません。

 

 

そして、目に見える情報だけで取引を行うので、

自分の思う取引が成立しないこともあります。

 

 

自分が1ビットコインを90万円で買いたいと思っても、

90万円で売る人がいなければいけません。

 

 

上手く取引ができれば、販売所よりも安い価格

ビットコインを売買することができます。

 

 

 

オススメは「取引所」「販売所」?損しないのは?

実際に利用するとなれば、どちらが良いかは、

安くビットコインを購入できる「取引所

利用するのがオススメです。

 

 

しかし、もし確実な取引を行いたいという方は、

販売所の方が良いでしょう。

 

 

ですので、

あの時にすぐ買っておけば良かったという

機会の損を無くしたい方は「販売所」

安く買えたのに失敗したという

金額面で損を無くしたい方は「取引所」

このように使い分けて下さい。

 

 

仮想通貨の中でもビットコインは値動きが激しいので、

取引所売買だけに留めると、暴落していると売りにくく、

暴騰していると買いにくいです。

 

 

その為、ある程度仮想通貨の取引に慣れてきた頃に、

それぞれに使い分けると良いかもしれません。

 

 

とは言え、トータル的な機能面を考慮しても、

仮想通貨取引を行う方は、コインチェックが分かりやすく

使いやすいと言えます。