コインチェックを利用して仮想通貨取引を行う際、

一体どれくらいの日本円を入金する必要があるのでしょうか。

 

 

コインチェックでは、仮想通貨を1円単位から小額取引を行うことが可能です。

 

 

その為、コインチェックでは最低入金金額の設定がありません。

 

 

ここでは、コインチェックの最低入金金額についてご紹介したいと思います。

 

 

コインチェックとは?

コインチェックとは、日本国内最大と言われている仮想通貨取引所のことを指します。

 

 

コインチェックは仮想通貨の取扱が初めてという方にとてもオススメで、コインチェックアプリを利用することで、アプリから簡単に取引を行うことができます。

 

 

国内の取引所でも24時間取引を可能としていることや、取扱う仮想通貨の種類も多い為、多くの方が利用している取引所です。

 

 

一般的には仮想通貨取引の際に最低入金額に定めはある?

日本国内の仮想通貨取引所では、最低入金金額の設定はありません。

 

 

仮想通貨は1円単位で買うことも売ることもできます。

 

 

その為、取引の為にまとまったお金を準備しなくても取引を始めることができます。

 

 

入金は、ペイジ―やコンビニ入金が可能です。

 

 

多くの仮想通貨取引所は、SBI住信ネット銀行を入金先としていることが多く、その口座を持つことで入金手数料が無料となる為、とてもお得です。

 

 

仮想通貨取引所の役割

ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨取引を行う際は、

日本国内の仮想通貨取引所を利用することになります。

 

 

ここを利用しなければ、取引を始めることはできません。

 

 

各取引所の利用の際は、口座開設を行うことで利用可能となります。

 

 

日本国内で最も有名なコインチェックでは、

13種類もの仮想通貨の取扱を行っていることから、

多くのユーザーを獲得しています。

 

 

コインチェックの最低入金額は?いくらから投資できる?

コインチェックでは、新たにコンビニ決済と

ペイジ―決済が導入されたことで、

更に簡単に、そして手軽にビットコインを購入することが

できるようになりました。

 

 

コンビニ支払いとペイジ―支払いを行う際は、

SMS認証と本人確認が必要です。

 

 

入金については、日本円で入金を行います。

 

 

また、コンビニ決済やペイジ―決済を行う際の

コインチェックでの最低入金金額は3000円となっています。

 

 

ビットコインの最低購入金額は、

日本円に換算すると500円分(500,000円/BTCで0.001BTCとなります。

 

 

コインチェックでは、ビットコインの購入手数料は無料です。