コインチェックは、日本国内最大手の仮想通貨取引所です。

 

 

また、他の取引所と比較しても、

多種多様な仮想通貨を取り扱っています。

 

 

仮想通貨は、何もビットコインいやイーサリアムといった

代表的な仮想通貨だけではありません。

 

関連記事⇒仮想通貨アルトコインとは?ビットコインとは何が違うの?

 

 

ここでは、コインチェックが取扱う仮想通貨の種類について

ご紹介したいと思います。

 

 

コインチェックで購入できる仮想通貨は13種類!

コインチェックで購入出来る仮想通貨はビットコインを含めて、

13種類もあります。

 

 

ビットコイン以外にも伸びしろたっぷりの仮想通貨が

ありますので、選択肢が増えるのはうれしいですよね。

 

 

コインチェックで扱っている13種類の仮想通貨を紹介します。

 

 

1.ビットコイン

仮想通貨の中でも代表的なビットコインは、

必ず購入しておくべき仮想通貨と言えます。

 

 

コインチェックでビットコインを購入する際は、

日本円で購入することができます。

 

 

2.イーサリアム

ビットコインlに次いで時価総額2位となるイーサリアムは、

イーサリアムの需要が高まることで

今後の価格上昇が期待できる仮想通貨です。

 

イーサリアムについてはコチラも⇒仮想通貨イーサリアムのメリットやビットコインとの違いとは?

 

 

3.ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、

ビットコインの分裂によって誕生した仮想通貨です。

 

 

ビットコインと同様、いきなり時価総額3位まで上昇し、

今後の動きが注目されている仮想通貨です。

 

ビットコインキャッシュについてはコチラも⇒仮想通貨ビットコインキャッシュとは?その特徴は?

 

 

4.リップル

リップルは、世界中の銀行が注目している仮想通貨です。

 

 

将来性のある仮想通貨であることが世界に認められていることから、

今後の動向が注目されます。

 

リップルについてはコチラも⇒仮想通貨リップルとは?その仕組みは?

 

 

5.ライトコイン

ライトコインは、価格の安さと発行枚数が多いことが特徴で、

ビットコインより多く普及していくことが予想されている仮想通貨です。

 

ライトコインについてはコチラも⇒仮想通貨ライトコインとは?特徴とその将来性について

 

 

6.ネム

ビットコインとは異なり、

ハーベストというXEMを獲得する方法が特徴です。

 

ネムについてはコチラも⇒仮想通貨ネムとは?ネムが利用される理由は?

 

 

7.ダッシュ

ダッシュは、取引スピードが早く、

約4秒という速さで取引を行うことができます。

 

 

これによって、日常生活においても革新が起こるであろうと

期待されています。

 

 

時価総額が上位に上昇しており、根強い人気のある仮想通貨です。

 

 

8.モネロ

モネロの特徴は、匿名性の高いところです。

 

 

その特徴を活かし、価値ある判断がなされ、

現在人気の仮想通貨となっています。

 

 

9.イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックは、

イーサリアムがハードフォークしてできた仮想通貨です。

 

 

10.リスク

リスクは、価格が高騰しており、

需要の多い仮想通貨として期待されています。

 

 

11.ジーキャッシュ

ジーキャッシュは、匿名性の高い仮想通貨です。

 

 

同じ特徴を持つダッシュやモネロと比較すると時価総額が低いです。

 

 

12.オーガー

オーガーは、日本ではあまり馴染みがありません。

 

 

しかし、海外ではアクティブに活用されている仮想通貨です。

 

 

13.ファクトム

ファクトムは、電子データをブロックチェーン上に記録し、

分散型データを管理するプラットフォームです。

 

 

このように様々な特徴を持った仮想通貨が扱えるのが、

コインチェックです。

 

 

ビットコイン以外にも色々な仮想通貨の取引をするなら、

安全性に定評が高いコインチェックがおススメですね。