日本国内で、仮想通貨取引は、近年大きな賑わいを見せています。

 

 

また、その仮想通貨を取り扱う取引所についても、

日本には数多くの仮想通貨取引所があります。

 

 

その中でも日本国内最大とされるコインチェックビットフライヤー

そして、ザイフといった、オススメの取引所があります。

 

 

ここでは、日本国内最大手の仮想通貨取引所コインチェックとザイフについて

徹底比較してみたいと思います。

 

 

 

コインチェックとザイフについて徹底比較

コインチェックとザイフの資本金

コインチェック:9200万円

ザイフ:83000万円

 

コインチェックは、2012年に株式会社コインチェックとして設立されました。

 

 

取扱う仮想通貨は、実に13種類と日本国内で最も多く、

あらゆる仮想通貨の取引を行ことができる上で、多くのユーザーを獲得しています。

 

 

ザイフは、2014年に株式会社テックビューロとして設立されました。

 

 

ビットコインをはじめ、イーサリアムやネム、モナーコインの取扱があります。

 

 

1日の取引規模の違いは?

コインチェック:約30000BTC

ザイフ:約11000BTC

 

 

コインチェックとザイフでは、1日の取引規模としてはコインチェックの方が少し上ですが、

おおまかな取引量としては同等クラスと言えます。

 

 

セキュリティ体制の違いは?

コインチェック

ログイン時にIDとパスワード認証の二段階認証を導入

ログイン時、悪意の第三者がログインすることを防ぐ為に、

IDとパスワードによる二段階認証を導入し、不正アクセスを強化しました。

 

 

IOSで指紋認証・画面ロックが可能

コインチェックのIOSアプリに、

指紋認証又はパスコード認証により画面ロックを可能としました。

 

 

スマホで取引を行う方が多いことから、

スマホを紛失するというリスクもあります。

 

 

その為、指紋認証や画面ロックを行うことができれば、

第三者の不正アクセスを防止することができます。

 

 

なりすまし保証で最大100万円を補償

コインチェックでは、二段階認証の設定により、

不正にログインされるといった被害を未然に防ぐとともに、

もしも不正ログインによって大きな被害を被ることがあっても、

最大100万円を上限とし、損害を補償してくれるサービスを開始しました。

 

 

二段階認証を設定していることが補償対象となりますので注意が必要です。

 

 

送金時の二段階認証は必須

コインチェックでは、送金時も二段階認証が必要です。

 

 

二段階認証は、不正送金のリスクを軽減する意味もある為、

必ず送金時も気を付けましょう。

 

 

Andoroid指紋認証

PINロックにプラスして、指紋認証を設定できるようになっています。

 

 

スクリーンショット禁止

アプリ使用の際、履歴画面等のスクリーンショットが不可となる設定を行うことができます。

 

 

ザイフ

顧客預かり暗号通貨の管理を強化する

顧客預かり資産については、オフライン上で完全隔離されている為、

安全に保管されています。

 

 

ユーザー情報やデータ管理の強化

ユーザー情報の他、バックアップデータを複数管理者の電子署名で管理されています。

 

 

システムインフラの強化

ザイフ内部へ不正アクセスや侵入が不可能となるセキュリティ環境を整え、

外部アクセスができないようなセキュリティ体制を整えています。

 

 

預かり金の分離

経営資金と預かり金を分離管理しています。

 

 

アプリの利用のしやすさは?

コインチェック:世界第7位!

ザイフ:世界109

 

コインチェックは、アプリ機能に優れていると

多くのユーザーから良い声が多数挙がっています。

 

 

見やすいチャート画面や取引画面など、

とても洗練されていて見やすく扱いやすいデザインとなっている為、

圧倒的な人気をみせています。

 

 

ザイフも比較的使用しゃすい為、悪い評価という訳ではありませんが、

コインチェックと比較すると、分かりやすく取引を行いやすいのは、

やはりコインチェックであると言えるようです。

 

 

 

レバレッジの倍率は?

コインチェック:レバレッジは最大5倍まで

ザイフ:レバレッジは最大7.77倍まで

 

 

コインチェックで取引を行う際、

レバレッジは最大5倍まで取引を行うことができます。

 

 

予想が当たると大きな利益を得ることができます。

 

 

しかし、相場が逆に向くと、大きな損失となってしまい、

ロスカットされてしまうこともあります。

 

 

ロスカットが間に合わず、証拠金の不足分を再度入金する必要がある為、

初心者向けの取引とは言えません。

 

 

ザイフで取引を行う際、レバレッジは最大7.77倍まで取引を行うことができます。

 

 

例えば、証拠金13万円で100万円相当の取引が可能です。

 

 

また、証拠金は日本円だけではなく、

ビットコインやネム、モナを証拠金にすることもできるようになり、

とても便利の良い取引所として利用者も増えています。

 

 

取引手数料は?

コインチェック:無料

ザイフ:マイナス0.05

 

コインチェックで仮想通貨の取引を行う際は、

取引手数料は無料となり、ザイフでは、マイナス手数料を実現している為、

取引が多ければ多いほど利益を得ることができます。

 

 

ビットコイン以外に取扱う仮想通貨は?

コインチェック:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ダッシュ、モネロ、ネム、イーサリアムクラシック、リスク、ジーキャッシュ、オーガー、ファクトム

 

 

ザイフ:ビットコイン、イーサリアム、ネム、モナーコイン、ビットコインキャッシュ、トークン、CounterPartyトークン、BitCrystals(BCY)StorjSJCX)、フィスココイン、ペペキャッシュ、CAICAトークン(CICC)、ネクスコイン

 

 

コインチェックとザイフおすすめはどちら?

どちらも安全セキュリティー体制が整っていますので、

安心出来る取引所と言えます。

 

 

ただ、どちらか一方の取引所を選ぶとすれば、

コインチェックがおススメです。

 

 

手数料はザイフの方が安いのですが、

コインチェックも無料ですので無駄な費用は発生しませんし、

何よりその操作性は初めて取引をするにしても、

とってもわかりやすく簡単だからです。

 

 

仮想通貨は流動性が高いので、

もし間違った操作をした瞬間に値段が動いて損してしまうなんてことも、

考えられます。

 

 

間違いを起こさない為には、操作が簡単でわかりやすい事が重要です。

 

 

仮想通貨取引を始めるなら、まずはコインチェックで口座開設して下さいね。

⇒coincheck(コインチェック)の登録、口座開設手順まとめ!