現在、1000種類もの仮想通貨が存在していますが、

実際に稼働しているのはごくわずかです。

 

 

その中でも、ビットコインが圧倒的な人気と利益を得ることができるとして有名です。

 

 

しかし、近年、ビットコインに対してイーサリアムの価値が急上昇しています。

 

 

実に、半年でイーサリアムの価格は24倍にもアップし、

時価総額もビットコインの8割というところにまで達しているのです。

 

 

ビットコインを追い抜くのも時間の問題ではないかと騒がれているほどです。

 

 

ここでは、仮想通貨イーサリアムのメリットや、

ビットコインと違いについて解説していきたいと思います。

 

 

イーサリアムとは何?

イーサリアムは、2013年にヴィタリック・ブリテンという方が設計を行い、

2014年に販売されました。

 

 

そして、2015年から日本の仮想通貨取引所でも取扱が始まりました。

 

 

2014年にスイスに設立された非営利団体のイーサリアム財団が、

イーサリアムプロジェクトが集めた資金管理を行っています。

 

 

また、イーサリアムは、

ビットコインの次に時価総額が大きいと言われている仮想通貨です。

 

 

実に、イーサリアムの時価総額は約2兆3500億円です。

 

 

ビットコインはその2倍となる、4兆4000億円であることから、

仮想通貨全体の時価総額の70%近くを、

ビットコインとイーサリアムが占めていることが分かります。

 

 

イーサリアムは、ユーザーが独自に定義した契約や

財産を扱うことを可能としている

とても柔軟性の高い仮想通貨として知られています。

 

 

イーサリアムのメリットは?

分散アプリケーションが、ブロックチェーン上で動作することや、

第三者がデータを変更することは不可能です。

 

 

また、腐敗と改ざんを防止することができます。

 

 

暗号化を使用していてセキュリティが確保されていることから、

ハッキング攻撃や不正行為といったものからしっかりと保護されているため、

とても安全性が高いです。

 

 

アプリケーションはゼロダウンタイムでダウンしないため、

絶対に電源が落ちません。

 

 

その為、とても安心して利用することができます。

 

 

イーサリアムとビットコインの違いは?

イーサリアムは、ビットコインに次いで、

1000種類以上もある仮想通貨の中でも、実に時価総額第2位です。

 

 

イーサリアムもビットコインと同様に、

ブロックチェーンの暗号を利用しています。

 

 

しかし、それはビットコインよりも

更に高機能を持つことが特徴でもあります。

 

 

ビットコインとイーサリアムの大きな違いは、

「スマートコントラクト」という技術を持っていることです。

 

 

スマートコントラクトには、取引の契約を自動的に実行し、

保存する機能を有しています。

 

 

ビットコインの場合は、ブロックチェーン上で取引記録を管理しているのですが、

イーサリアムは取引から契約内容を管理するまで、全て自動執行できるのです。