投資と言えば、株式投資、投資信託、FXと認知度も高いFXですが、

まだあまりFXの事を知らない方もいると思います。

 

 

でも、今更「FXって何?」ってなかなか聞きずらいかもしれませんよね。

 

 

そこでFXについてわかりやすく説明していますので、

参考にして下さい。

 

 

FXとは?

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、

正式には「外国為替証拠金取引」といいます。

 

 

ドルやユーロ、ポンド、円などの外国の通貨を交換・売買して、

その差益を目的とした金融商品です。

 

 

また、FXでは外貨貯金などと違い、レバレッジを利用して

少額の資金で最大25倍の取引をすることができます。

 

FXの証拠金とレバレッジとは

先程述べたとおり、FXでは、少額の資金で最大25倍の取引ができます。

 

 

まず、FXの取引口座に証拠金といわれる現金を預け入れます。

 

 

たとえば、4万円の証拠金を預け入れれば、

その25倍の100万通貨の取引を行うことができる仕組みです。

 

 

この仕組みによって少しの為替レートの変動で

大きな差益を生み出すことができます。

 

 

FXは「売り」も「買い」も自由にできます

FXの特徴の一つとして、「売り」と「買い」が自由にできます。

 

 

株や債券などのマーケットでは、その金融商品を資産として

「買う」というのが基本となっており、

やり方によっては空売りやベアファンドなどがありますが、

大抵は「買い」から入るのが定石です。

 

 

たとえば、ドル円の取引で、「ドルを売って円を買う」、

「円を売ってドルを買う」のが普通にできます。

 

 

株で空売りしようと思ったら、逆日歩を取られますが、

FXの場合は、売り方だからといって金利を取られることはありません。

 

FXのスワップポイントとは

先程、FXは金利を取られないと述べましたが、

2種類の通貨間に金利差がある場合は、

その差額を受け取ったり、支払ったりしないといけません。

 

 

代表的な例でいえば、「日本円を売ってオーストラリアドルを買う」場合、

オーストラリアは金利が高く、日本は0金利に近いので、

毎日、スワップポイントが受け取れます。

 

 

逆に「オーストラリアドルを売って日本円を買う」場合には、

毎日、スワップポイントを支払わなくてはいけません。

 

 

ただし、FXの場合は為替差益の方が大きくなる傾向があるので、

スワップポイントがもらえる通貨が買われるとは限りません。

 

 

FXは眠らないマーケット

最初に述べたように、FXは、為替を取り扱う金融商品なので、

24時間、土日以外は、世界のどこかで為替市場が開いています。

 

 

株式市場などは取引時間が9時~12時、13時~15時と区切られていますので、

FXとは大きな違いです。