仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」があります。

 

 

気付かぬ間に「販売所」ばかりを使用していて手数料が高かった!?

などという経験をされた方も多いと思います。

 

 

ここでは、この仮想通貨取引所の販売所と取引所の違いについて

ご紹介したいと思います。

 

 

仮想通貨「販売所」と「取引所」の違いは?

仮想通貨取引所を利用する際は、販売所と取引所の2種類があります。

 

 

販売所は、そこで直接ビットコインなどの仮想通貨を購入することができます。

 

 

そもそも仮想通貨の取り扱いのあるところから買うのは

「販売所」となります。

 

 

一方で、取引所は、「板」を利用して、

他の仮想通貨取引を行うユーザーから

ビットコインなどの仮想通貨を購入します。

 

 

これが「取引所」となります。

 

 

「板」の見方については、この値段で売りたい、

買いたいという注文が並ぶのが「板」となり、

左の青枠の数字が大きいほど売りたい人がたくさんいるということです。

 

 

右の赤枠の数字が大きいほど買いたい人が

たくさんいるということです。

 

 

ビットコインを早く取引したい場合は「販売所」がオススメ

「販売所」を利用すれば、ビットコインを

すぐに確実に購入することができます。

 

 

ビットフライヤーだとわずかなクリック数ですぐに購入可能です。

 

 

ただし、「販売所」で購入するとどうしても手数料が高くなってしまいます。

 

 

ビットコインを安く購入したい場合は「取引所」がオススメ

「取引所」を利用すると、ビットコインなどの仮想通貨を

安く購入することができます。

 

 

「販売所」はどうしても販売元に手数料をたくさん取られてしまう為、

手数料を安く済ませたいという方は、「取引所」がオススメです。

 

 

ビットフライヤーの販売所と取引所について

ビットフライヤーの販売所の使い方

購入したい数量を入力して購入します。一瞬でできます。

 

 

この時、「販売所」は取引所よりも手数料が高くなります。

 

 

アルトコインの「販売所」は、仮想通貨がいくつかある為、選択し、数量を入力して購入するだけなのでとても簡単です。

 

 

ビットフライヤーの取引所の使い方

購入したい数量を入力し、価格を決めます。

 

 

価格については手入力を行うよりも「BTC/JPY」の価格をクリックして決める方が良いです。

 

 

「取引所」は相場を見て自身がタイミングを見て購入すると良いですよ。

 

 

Zaifの販売所と取引所について

Zaifの販売所の使い方

Zaifの「販売所」には、ビットコインかモナコインを選択することができます。

 

 

どちらのコインを購入するかを決め、購入したい数量を入力して購入します。

 

 

Zaifの取引所の使い方

Zaifはビットコイン以外のアルトコインにも取引所があります。

 

 

Zaifは「指値」か「成行」を選択することができます。