仮想通貨を購入する際は、現金でなくとも

クレジットカードを利用することも可能です。

 

 

しかし、クレジットカードで決済する際は、

手数料が割高になってしまうことになります。

 

 

ここでは、仮想通貨をクレジットカードで購入する際の

注意点についてご紹介します。

 

 

クレジットカード決済でビットコインを購入

ビットコインを購入する際、通常は取引所の口座に入金を行い、

購入するのが一般的です。

 

 

しかし、取引所によっては、

クレジットカード決済を可能としているところもあります。

 

 

クレジットカード決済は、確かに便利に利用することはできますが、

ビットコイン購入時は特にオススメできません。

 

 

なぜなら、手数料がかなり割高になってしまうからです。

 

 

ビットコインをクレジットカードで購入する場合、

手数料として10%前後かかると言われています。

 

 

その為、クレジットカードで購入した場合は、

20%以上も価格上昇しない限り、利益が取れない計算となるのです。

 

 

その為、面倒ですが、ビットコインを購入する際は、

まず入金を行ってからの決済といった手順を踏むようにしましょう。

 

 

とは言え、一応、クレジットカード決済を行うということは、

それに対してカード会社よりポイントが付与されます。

 

 

それを考慮しても、それでもクレジットカード決済の方が

利益を生むことができない為、やはり現金決済がオススメですね。

 

 

クレジットカード決済にかかる手数料について

クレジットカードで決済を行う際の手数料は、

決められた手数料という訳ではありません。

 

 

実際のその時のレートと売りの注文数に応じて手数料が変動します。

 

 

その為、購入金額が大きくなればなるほど、

手数料は割高になる為、できる限り

現金購入されることをオススメします。

 

 

クレジットカード決済は利益が出にくい

クレジットカード決済を行うことで、

そもそもの手数料が割高になる分、

なかなか利益が出ない計算になります。

 

 

クレジットカード決済を行う場合は、

一体どれくらいのレートとなっているかを

確認しておくようにしましょう。

 

 

ビットコインは入金してから購入を

ビットコインを購入する時は、

まず入金をすませてから購入するようにしましょう。

 

 

銀行から入金を行う場合は、入金時間にもよりますが、

当日、翌日には反映されます。

 

 

急な場合などはクイック入金として、コンビニ入金の他、

ペイジ―入金を使用すれば、

仮想通貨取引所の口座に即時反映が可能です。

 

 

手数料が必要となりますが

クレジットカード決済の手数料と比較するとかなりお安くすみます。