海外への送金の手数料が安くすんだり、

手続きにかかる時間が短縮できたりと様々な利点がある

仮想通貨ですが、デメリットもあるという事をご存知でしょうか?

 

 

仮想通貨は価格の暴騰によって資金を増やす事も出来ますし、

商品の購入や支払いにも利用できるので、

賢く利用すればメリットは沢山あります。

 

 

しかし、仕組みをよく理解した上で利用しないと、

大きな損害が出てしまうかもしれません。

 

 

そこで、仮想通貨にはどんなデメリットがあるのかを

知ってもらう為にも、仮想通貨が抱えている問題を

いくつか挙げさせて頂きたいと思います。

 

 

ネット上での通貨なのでハッキングなどの恐れがある!

仮想通貨は電子データの通貨なので、

取引所がハッキングなどにあい、

仮想通貨が盗まれてしまう可能性などのデメリットがあります。

 

 

現金と違って持ち歩かなくても物を購入したり、

支払いに利用できる仮想通貨ですが、

ハッキングによって取引所が経営破綻すれば、

所有していたはずの仮想通貨が消えてしまいます。

 

 

しかし、お金を自分でしっかり管理していないと

盗まれるリスクは現金でも同じです。

 

 

仮想通貨は取引所で購入し取引所に預けておく事も可能ですが、

取引所は公的な金融機関とは全く別物と考えて、

購入後は専用のウォレットに移して

自身でしっかり管理するようにしましょう。

 

 

仮想通貨は価値が下がる、もしくは無価値になる可能性も!

仮想通貨には便利さや価格変動によって

「儲かる」などのメリットも存在しますが、

逆を言えば価値が低くなる可能性というデメリットがあります。

 

 

現在、仮想通貨は国家による価値のない通貨なので、

いつ使用禁止になって価値が無くなるかも分かりませんし、

まだまだ浸透率が低い日本では、

利用できるお店が少ないというのも

デメリットなのではないでしょうか。

 

 

価格の変動が激しいので、仮想通貨を利用して

一攫千金を狙おうとすると、

価格が暴落して大損害なんて可能性もゼロではありませんし、

儲かる可能性がある分、ハイリスクハイリターンだと

頭に入れておかなければなりません。

 

 

仮想通貨は世界共通の通貨なので、

現金と違って日本以外でも利用可能ですが、

使えるお店がなければ実用の機会が少なくて

便利なのかどうかも微妙になってきます。

 

 

日本では浸透率が低く、コンビニなどで電子マネーのように

ピッと利用することが出来ないのも、

仮想通貨のデメリットと言えるので、

今後仮想通貨が日本でも普及すると

利用価値も更に高まっていくのではないでしょうか。