これだけ多くの方が仮想通貨に参入している為、

その市場はとても活発化していると言えます。

 

 

そんな中でも、1つの取引所だけで

取引を行っているという方は少なくありません。

 

 

ここでは、仮想通貨の取引を行う際、

複数の取引所を利用するべき理由をご紹介したいと思います。

 

 

仮想通貨投資は複数の取引所の利用が必要なのか

リスクヘッジを行うため

仮想通貨に参入している人は、世界中に数多く存在します。

 

 

その為、1つの取引所で仮想通貨の取引を行うと、

1度に大量の仮想通貨が売買される為、

取引所の持つサーバーがダウンしてしまう恐れがあります。

 

 

サーバーがダウンしてしまうと、

半日以上も取引が不能となってしまうことも多々起こってしまう為、

リスクが高くなると言えます。

 

 

仮想通貨は1分1秒で大暴落してしまう可能性がゼロではない

取引であることから、サーバーダウンは命取りにもなります。

 

 

その間にもビットコインは激しく値動きをしているのです。

 

 

その為、1つの取引所ではなく、

複数の取引所に分散させておく方が安心です。

 

 

アービトラージを行うことができる

取引所間の価格差を活用し、

利益を得ることができる取引を可能としている取引所が便利です。

 

 

利益を生み出しやすい反面、取引手数料や税金には注意が必要です。

 

 

特に取引所において、新しい仮想通貨の取り扱いを

行う際に発生する為、チェックしておく必要があります。

 

 

仮想通貨がハードフォークした際は取引が有利

仮想通貨がハードフォークすると、

取引開始のタイミングが取引所ごとに発表される為、

取引開始が早い取引所を利用すると有利になります。

 

 

取り扱いコインの種類が異なる

利用する取引所によっては、

取り扱い仮想通貨の種類やトークンの種類が異なる為、

どの仮想通貨やトークンも高騰する可能性が非常に高いことで

分散投資を行う方が増えています。

 

 

仮想通貨は1日の中でもかなりの価格変動が起こる為、

買いのチャンスにすぐに対応できるよう、

複数口座があるとすぐに取引を行うことができます。

 

 

取引所特有のサービスの利用ができる

仮想通貨取引所は、各それぞれにおいて

サービスにも特徴があります。

 

 

その特徴を見て、実際に利用すると便利なもの、

扱いやすいものを選定して複数の取引所を選択するようにしましょう。

 

 

取引所が閉鎖されると困る・・・

2014年Mt.GOX事件は記憶に新しいことだと思います。

 

 

世界最大手の取引所であるCEOが、

取引所内の仮想通貨を横領したのです。

 

 

その取引所を利用していたユーザーは資産を失う羽目になり、

一瞬にして全財産を失ってしまったというのです。

 

 

仮想通貨に参入するとなれば、

サイバー攻撃のリスクは避けることができません。

 

 

このようなことから、資産を失うことがないよう、

取引所を複数持ち、あなた自身の資産を

分散させておくことが大切です。