仮想通貨は「将来性があって良い」といったことを聞く方が多いと思います。

 

 

しかし、仮想通貨がどれだけの価値があり、

どれだけ成功する道を歩むのかについては、誰も予測不可能です。

 

 

どんなことでも、何かを始めるにはリスクはつきまといます。

 

 

その為、できるだけリスクを最小限に抑えておくことが大切です。

 

 

ここでは、一旦足を止めて、仮想通貨を投資するリスクについて、

今一度確認してみたいと思います。

 

 

仮想通貨は実態のない通貨なの?

仮想通貨とは、「デジタル通貨」や「暗号通貨」と呼ばれ、実物のない、

そして目に見えないお金です。

 

 

有名なもので「ビットコイン」があります。

 

 

ビットコインは、日本円に換金することができます。

 

 

仮想通貨は、円のような不換通貨を使用して購入します。

 

 

そして、その仮想通貨の価値が上がったら、

円または米ドルなどに売り、その差額を利益として得ることができます。

 

 

 

仮想通貨投資の2つのリスクとは

仮想通貨投資には2つのリスクが有ります。

 

 

それは、

・ユーザーが引き起こすリスク

・取引所に関係するリスク

です。

 

 

ユーザーが引き起こす仮想通貨投資リスク

仮想通貨は、株式投資やFXとはことなり、自分のビットコインを、

ウォレットと呼ばれるプログラム上で保有することができます。

 

 

しかし、自身のパソコンがウィルスに感染したり、

パソコン環境の故障によって、

保有していたビットコインを失う可能性が高いと言われています。

 

 

PCの故障リスクは、対応が比較的簡単で、

ウォレットは故障に備え、「パスフレーズ」を設定しています。

 

 

パスフレーズがあることで、全てを失うリスクを回避することができます。

 

 

また、インターネットに接続しない環境で仮想通貨を保管しましょう。

 

 

そして、ウィルスへの対処としてワクチンソフトを常に起動させたおき、

怪しいメールや怪しいホームページの閲覧は避けましょう。

 

 

取引所に関係する仮想通貨投資リスク

取引所がハッキングされる、また、

倒産するといった際は、大きなリスクとなるでしょう。

 

 

株式投資やFX場合は、証券会社が保管し、管理してくれる為、

仮に証券会社が倒産しても、顧客の株式は安全に保たれる為、

リスクはないと言えます。

 

 

しかし、ビットコインを含む仮想通貨については、

取引所による分別管理であることから、安全度は低くなります。

 

 

また、仮想通貨の投資リスクを回避する為にも、

金融庁に登録されている取引所で取引を行うことをおすすめします。

 

 

取引所を選択する際は、

①上場企業が運営する取引所

②安全対策を講じている取引所

であることを確認するようにしましょう。