ニュースやメディアで世間を騒がせている仮想通貨が

どんなものなのかご存知でしょうか?

 

 

仮想通貨の高騰により、「稼げる」という印象を

お持ちの方も少なくないようですし、

「電子マネー」のようなものという認識を

お持ちの方もおられるようです。

 

 

しかし、仮想通貨は「電子マネー」とも少し違います。

 

 

今回は「仮想通貨」がどんなものであるのか、

その仕組みについてお話させて頂きたいと思います。

 

 

仮想通貨の仕組み、そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨はインターネットでお金のように

取引される電子データ上の通貨で、

紙幣や硬貨のように形として見えるものではありません。

 

 

仮想通貨は公的な金融機関などを通さずに専用の取引所で

取引が行われ、「お金」として物を買ったり、

料金の支払いなどが出来る仕組みですが、

目に見えないデータ上の通貨なので、

信用している者同士のやり取りによって取引が成立します。

 

 

仮想通貨は世界共通で利用できるので世界中に取引所があり、

日本ではまだ仮想通貨を利用できるお店は少ないですが、

「お金」と同じように扱われ、仮想通貨をお金として

信用して仮想通貨での支払いが可能な

お店は世界中で数多く存在します。

 

 

取引所で購入した仮想通貨は、

世界共通のお金として海外でも利用が可能ですし、

海外への送金の際にも、手数料が安く済んだり

手続きの時間が早いなどのメリットもあります。

 

 

仮想通貨は電子マネーと似てるけどその違いは?

仮想通貨は電子データ上の通貨なので仕組みとしては

電子マネーに少し似ています。

 

 

しかし、電子マネーは現金と交換した後に

日本円としてしか使えませんし、

その価格が変動する事もありません。

 

 

そこが仮想通貨と電子マネーの大きな違いで、

仮想通貨は現金と引き換えに購入すると

それが世界共通の通貨となるので、

そのまま海外にも取引が可能ですし、

価格変動によって価値も変わってきます。

 

 

仮想通貨が「儲かる」と言われることがあるのは、

その価格変動によって10万円で購入した仮想通貨が

倍の20万円になる事もあるからです。

 

 

しかし、その仕組みをきちんと理解していないと、

儲かるどころか損することもあるので要注意です。

 

 

価値が上がるか可能性がある反面、

勿論下がる可能性も大いにありえますし、

現在国家による価値を持たない仮想通貨が、

法律で使用禁止になってしまったとしたら、

100万円の仮想通貨が無価値になってしまうなんて事も。

 

 

仮想通貨にはメリットも沢山ありますが、

仕組みをよく理解した上で賢く利用すると

損害を避けれるかもしれませんね。