ビットコインを初めて購入する方は、

ビットコイン取引所とウォレットの違いが

イマイチよく分からないということがあるようです。

 

 

その為、実際にすでに取引を行っているという方でも、

自分の使用しているものが何なのか分からない方や

違いを理解できていないという方も多いのです。

 

 

ここでは、仮想通貨取引所ウォレット違いについて

解説していきたいと思います。

 

 

仮想通貨取引所って一体何なの?

仮想通貨取引所という言い方をしているのですが、

実際には何がどうなっているのかをしっかりと

理解しておくことが大切です。

 

 

取引所とは、ビットコインを買ったり売ったりしたい人が

集まる場所です。

 

 

しかも、場所はインターネット上でのやり取りとなっているのです。

 

 

取引所は、ビットコインを購入することができる場所です。

 

 

実際には、取引所でビットコインを購入したり

売買するという方式は、

株式の売買と同じような感覚であると言われています。

 

 

ビットコインを買いたい人と売りたい人が注文を出し、

価格に合意できればお互いの取引が成立するのです。

 

 

取引所でビットコインを購入する手順としては、

まず取引所にお金を預け、そのお金を使用して

希望数のビットコインを購入します。

 

 

そして、そのビットコインは取引所の中で保管された後、

送金を行ったり改めて売買を行うことができるのです。

 

 

ウォレットとは何?

ウォレットとは、デスクトップウォレットといったパソコン上のものや、

ウェブウォレットといったWEB上のもの、

ペーパーウォレットといった紙に印刷されたもの、

モバイルウォレットといったスマホ上のもの、

ハードウェアウォレットといったビットコインを保管する専用の端末など、

様々なウォレットの種類があります。

 

 

ウォレットは、暗号通貨を保管しておく場所として、

仮想通貨の金庫番のようなものです。

 

 

セキュリティ上、ハッキングなどの被害に遭わない為にも、

ウォレット上であなたの資産を管理・保管した方が良いと言えます。

 

 

実際に2014年に日本で起こったマウントゴックス事件について、

顧客の資産が流出され、その後破綻してしまったという

記憶に新しい事件です。

 

 

この時、この取引所において口座を持つ方は、

全てのビットコインは消えてなくなってしまったのです。

 

 

後に分かったことは、その時に取引所ではなく、

自身のウォレットに資産を管理しておけば、

資産を全て失くしてしまうということはなかったという訳です。

 

 

このようなことから、個人の資産は取引所ではなく、

ウォレットに保管しておくべきであることが分かります。

 

 

仮想通貨を自身の資産として保有している場合は、

セキュリティの意識を高く持つようにしてください。

 

 

自己責任で仮想通貨取引を行わなければいけないことから、

しっかりと理解と知識を持って取引を行いましょう。