最近、「仮想通貨」、「ビットコイン」

などといった言葉を耳にする事が多い人も多いと思います。

 

 

テレビやネット、雑誌でもよく取り上げておられ、

現在とても注目されているものです。

 

 

そちらを今回は簡単にご紹介させて頂きます。

 

 

仮想通貨とは

仮想通貨とは、簡単に言うとインターネットで使える通貨です。

 

 

通貨というと、一円玉、十円玉などの硬貨や

千円札一万円札などの紙幣を思い浮かべますが、

仮想通貨には実態がありません。

 

 

通常の通貨は国によって発行されている為、価値が保証されていますが、

その国の政治情勢などでその価値は変動します。

 

 

一方で仮想通貨は、国からの価値が保証されておらず、

価値の変動も利用者の信用によって変動します。

 

 

インターネット上であればどこでも使えますので、

どの国でも共通して使えます。

 

 

日本でも「仮想通貨」は、

物の購入や受け借りや売却ができる財産的価値があり、

インターネットを使用して移転できるものと定義されています。

 

 

今話題の「ビットコイン」は

仮想通貨の中の一つの通貨の名前です。

 

 

ビットコイン以外にも

イーサリアム、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなど、

全てをひっくるめたものが、仮想通貨です。

 

 

ですので、仮想通貨とは新しい形の通貨です。

 

 

ですが日本では、会社などの給料の支払いや国への税金の支払いは、

通常の通貨「日本円」と決まっているので、仮想通貨では行なえません。

 

 

仮想通貨のメリットやデメリットは?

そんな仮想通貨のメリットやデメリットをご紹介します。

 

仮想通貨のメリット

世界中で共通して使える

通常何かを購入する際には、もちろん通貨を使います。

 

 

ですがインターネット上などでは、

その金額相応のコイン(仮想通貨)と交換できますので、

世界中どこに居ても簡単にお金の交換が出来るというわけです。

 

 

インターネットのサービスは年々新しく、多くなっていますので、

そんなサービスを今よりも更に気軽に活用できます。

 

 

価値の変動が大きい

仮想通貨は普及しており、世界中で多くの人が使い始めています。

 

 

そうすると、価値が上がりますので、株式投資のように活用できます。

 

 

世界中では過去にも、

「安い値段で買って、数年立ったら価値が上がって儲かった!」

などのお話しは沢山あります。

 

 

仮想通貨のデメリット

自己責任

詐欺などで悪用される可能性があります。

 

 

仮想通貨には基本的には保証がないので、

自分でしっかりと注意をしておく必要があります。

 

 

又、先程説明した「変動が大きい」というメリットの逆で、

価格が暴落して価値が下がる可能性も少なからずあります。

 

 

ネット環境のみ

インターネットの使える環境でないと意味をなしません。

 

 

又、インターネット環境が良くなく、不具合があれば、

交換などの取引が止まってしまいます。

 

 

普及はしておりますが、まだ安定していないところが多くあります。

 

 

このように仮想通貨はまだまだ普及しだしたばかりで

問題点もあるのですが、今後は通貨に代わる支払い方法や

様々なサービスと合わさって普及されていると思います。

 

 

ビットコイン以外にもいろんな通貨がありますので、

面白いですよ。