皆さんは世間で騒がれている「仮想通貨」とは

どんなものかご存知ですか?

 

 

ニュースなどで取り上げられることも多くなってきていますが、

どんなものかよく分からないという方も

少なくないのではないでしょうか。

 

 

インターネットを通じて、送金や決済なども可能で、

その便利さでも注目を集めている仮想通貨が一体どんなものなのか、

その真相を探ってみましょう。

 

 

仮想通貨は600種類以上も存在する!?

仮想通貨とは、紙幣や硬貨などの形を持たない通貨で、

国家による価値の保証がありません。

 

 

要するに、公的には「お金」としては認められていないのですが、

仮想通貨はお金と同じように買い物や支払いや

送金などに利用する事ができます。

 

 

目に見える形で存在せずに、

電子データとしての存在なのが仮想通貨の特徴ですが、

不正防止の為に特殊な暗号が用いられている為、

「暗号通貨」「デジタル通貨」などと呼ばれる事もあります。

 

 

皆さん一度は耳にした事があるのでは?という有名どころですと

「ビットコイン」などが挙げられますが、

仮想通貨の種類は現在600種類を超えると言われているんです。

 

 

形として存在しない仮想通貨が、

世界中で多くの方々に利用されているのには、

一体どんな秘密が隠されているのでしょうか?

 

 

海外への送金の手数料や時間の短縮も関係している?

仮想通貨とは、国家による価値の保証がない通貨ので、

公的な金融機関を通す必要がありません。

 

 

それによって海外への送金の手数料がかなり安く済みますし、

手続きにかかる時間も大幅に短縮することが出来るのです。

 

 

そういった点も仮想通貨の魅力なのかもしれませんね。

 

 

また、仮想通貨はその価値が利用者の信用のみで

成り立っているものですが、価値の変動があるのも魅力です。

 

 

投資として現金をビットコインなどの仮想通貨に変えておいた結果、

貯蓄が3倍になったなんて話も耳にします。

 

 

現金の場合、100円は100円の価値しかありませんが、

仮想通貨は購入後に価値が上がったりするものなので、

それも世界中で利用者が増え続けている理由の1つかもしれませんね。

 

 

仮想通貨に似ている電子マネーなども便利ではありますが、

電子マネーには価格変動がありませんしね。

 

 

仮想通貨とは形を持たずに信用で成り立っている

電子データとしての通貨ですが、

利用方法によっては様々なメリットが得られる画期的な通貨と

言えるのではないでしょうか?