「仮想通貨」という名の言葉を耳にしたことはありますか?

 

 

現在、世界には、1000種類以上にもなる仮想通貨が発行されています。

 

 

ビットコインに続く仮想通貨をアルトコインと呼びますが、

その中からライトコインについてその特徴、

また、今後の将来性について解説していきたいと思います。

 

 

ライトコインとは?

ライトコインは、ビットコインと同じ機能を持つ

仮想通貨であると位置づけられています。

 

 

ライトコインは、リャーリー・リーと呼ばれる

明確な開発者が存在しており、ビットコインが金であれば、

ライトコインは銀とするといった目的を掲げ、

ライトコインを開発したと言われています。

 

 

基本的な仕組みビットコインと同じです。

 

 

しかし、ライトコインの方が流通量が多いことから、

希少価値は低いですが、取引においてはとても

利用しやすいと考えられている仮想通貨です。

 

 

ライトコインの特徴は?

ライトコインは、2011年10月に誕生し、

発行枚数の上限は8400枚の仮想通貨です。

 

 

時価総額は7位となっています。

 

 

ライトコインは、商品を購入する際の支払いに使用することができ、

ビットコインと同様のお金の代わりになる目的で作成されています。

 

 

ライトコインの送金時間は、

ビットコインの送金時間と比較ならないほど早く、

わずか2.5秒という速さにまで短縮されました。

 

 

その為、迅速な処理を行うことができる為、取引の実現により、

日常的にも利用しやすいといった期待が寄せられています。

 

 

また、世界中に送金を行うことができ

クレジットカードや銀行での送金の手数料と比較しても、

ライトコインでの送金は手数料が圧倒的に安い上、

海外送金でも数秒で完了するほどです。

 

 

メール送信と同様の簡易さであり、かつ、

安全性の高いソフトウェアを活用しているのです。

 

 

ライトコインには、このようなメリットがあります。

 

 

しかし、取引承認時間が短縮される分、

ブロック生成時間が短くなる為、マイニングの難易度が低く設定され、

第三者によるハッキングの可能性が高くなってしまうのです。

 

 

ライトコインには、このような安全性におけるデメリットも

存在する為、全てを熟知した上で取引を行わなければいけません。

 

 

ライトコインの将来性は?

ライトコインは作成当初はそれほどにまで

最速な取引が可能と言われていた為に、

多くの保有者を持っていました。

 

 

しかし、現在では、ドージコインやモナーコインなど、

取引承認時間がさらに短い仮想通貨が登場したことで、

ライトコインの優位性は失われかけているかもしれません。