「仮想通貨」という言葉が、今はあちらこちらで飛び交っているのをご存知ですか?

 

 

仮想通貨は1000種類以上もあり、それぞれに異なる特性を持っています。

 

 

その中でも、日本国産の仮想通貨として生まれた「モナーコイン(monacoin)」は、

仮想通貨としては有名ナビットコインと同様、投資対象として使用されています。

 

 

しかし、実際にはモナーコインは投資対象として考えた場合、

どうなのでしょうか?

 

 

ここでは、仮想通貨「モナーコイン」の

特徴や将来性についてご紹介したいと思います。

 

 

仮想通貨「モナコイン(monacoin)」とは?

モナコインとは、日本の匿名掲示板である2ちゃんねるから誕生し、

2013年に公開された日本で初めての仮想通貨です。

 

 

利用者プログラムは、モナーコインプロジェクトという組織が作成し、

公開しています。

 

 

ビットコインと同じく、コインの発行や運営は行っておらず、

管理者不在の非中央政権といった特徴を持ちます。

 

 

つまり、モナーコインを利用する方が作る

モナーコインネットワークによって維持されていて、

管理者は存在しない仮想通貨です。

 

 

モナーコインの名前の由来ともなっているモナーは、

2ちゃんねるで使用されていたキャラクターです。

 

 

日本初モナーコインの仮想通貨の活用法は?

モナーコインは、日本初の仮想通貨であり、

日本語のコミュニティが充実している為、

利用者にとってはとても利便性の高い通貨であることがうかがえます。

 

 

また、モナーコインは、、ライトコインをベースとして作成されていることから、

第2のビットコインと呼ばれています。

 

 

ビットコインと同じP2P方式を採用していることから、

情報の送信者と受信者が常に対等な関係を保ち、情報を送受信しています。

 

 

P2P方式では、中央管理者が存在しないことから、

対等な立場でシステム管理を行うことができ、

取引の公平性が保たれ、不正のない取引を成立させることができます。

 

 

モナーコインは、取引が大変スムーズで、

ビットコインと比較しても取引にかかる処理時間が短いことも良い点です。

 

 

モナーコインは、2ちゃんねるから生まれたため、

当然ながら、2ちゃんねるでの決済に用いることができます。

 

 

その他、Amazonギフト券や、

PCゲームの購入といったものにも使用することができます。

それだけではありません。

 

 

モナーコインも他の仮想通貨と同様、

資産運用を目的として活用することが可能です。

 

 

モナーコインの価格は毎日変動を続けていることから、

身近に感じるFXのような安く購入し、高く売却することで、

その差額の利益を得ることが可能です。

 

 

仮想通貨といった言葉が難しくさせるだけで、

中身はFXのような仕組みであると考えると、

誰でも気軽に始めることができそうです♪

 

 

モナーコインはどこで買うの?

モナーコインは、日本初の仮想通貨であることから、

国内の取引所で売買可能となります。

 

 

取り扱いはコチラ

zaif(ザイフ)で口座開設!手順を画像付きでわかりやすく解説します。

 

日本人だからこそ、とても取扱やすい仮想通貨であると言えるでしょう。