私達日本人は、「仮想通貨」と聞いて、あまり馴染みがないせいか、

ピンとこない方も多いのではないでしょうか?

 

 

仮想通貨は、1000種類以上もの種類があり、

ひとつひとつに異なる特性を持っています。

 

 

今や、世界で利用されている仮想通貨は、

人気が留まることがありません。

 

 

ここでは、その中でも人気のある「ネム(NEM)」

という仮想通貨についてご紹介したいと思います。

 

 

仮想通貨「ネム(NEM)」とは?

ネムは、「新しい経済活動」という意味を持ち、

金銭的な自由と平等、そして分散、連帯感を原則とし、

新しい活動を起こすプロジェクトとしてスタートしました。

 

 

ネムは、2014年に作られ、その後2015年に公開された

まだ歴史の浅い新しい仮想通貨です。

 

 

ネムには、ビットコインのような

「マイニング」を増やしていくといった考えを持ちません。

 

 

そして、「PoI(Proof-of-importance)」という仕組みが利用されており、

ビットコインとは異なり、電力をあまり使用することがなく、

さらにセキュリティ面を強化した仮想通貨となっているのです。

 

 

また、ビットコインはマイニングを行った場合、

ビットコインを報酬として得ることができます。

 

 

しかし、ネムはそのようなシステムではなく、

持っているお金の他、取引を行った方も恩恵を受けることができる

システムとなっています。

 

 

純粋にネムを使用して取引を行う方が利益を得ることができる仕組みは

次世代の鏡のようでとても素晴らしいです!

 

 

PoIを利用して利益を得るには、1回に1000XEM以上の送金が必要となります。

 

 

ネムは、現在もビットコインを追い続けているといった状況です。

 

 

ネムのハ―べスティングとは?

ネムは、ハ―べスティング(収穫)といった、

ビットコインではマイニング(採掘)によって報酬を獲得するシステムではなく、

特に承認作業が不要なまま報酬を得ることができます。

 

 

ハーベスティングを行うためには、

10000XEM以上を持つ方であれば、誰でも行うことができます。

 

 

ハーベスティングが承認されると、

それを行った人が報酬を受け取ることができる仕組みとなっています。

 

 

ネムが使用される理由は?

ネムは、ハーベスティング(収穫)によって

報酬を獲得することができる点がとても魅力的です。

 

 

その他にも、ネムはセキュリティの高さがとても魅力であると言えます。

 

 

ネムは「EigenTrust++」という評価システムを導入していることから、

悪意のあるユーザーが参加しにくいです。

 

 

そして、評価が低いユーザーは、

ハーベスティングによる報酬も低くなるようなシステムとなっている為、

安全性においては良いと言えます。

 

 

また、ネムを利用すると、「独自トークン」を発行することができます。