皆さんはおお小遣いいくらもらっていますか?

1万円の人もいれば、中には10万円も貰っているなんて人もいますね。

 

 

サラリーマンのお小遣い平均額は2015年で37,642円です。

 

 

タントンパパは月2万円ですから何ともうらやましい話です。

 

 

でも、お小遣いは自由に使っていいのですが、

全部使ってしまうのではもったいないです。

 

 

お小遣いの数パーセントでも運用する事で、

将来的に大きな金額になって帰ってきます。

 

 

投資とは関係ありませんが、野球のイチロー選手の名言で、

 

《小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。》

 

お小遣いを運用するのは、とっても小さいことかもしれませんが、

積み重ねる事で大きなお金に繋がります。

 

 

無駄に使っているかもしれないお金を見直して少しづつ始めていきましょう!

 

 

お小遣いを運用する金額

お小遣いを運用する金額ですが、特に○○円からでないと、

運用出来ない、なんて事は有りません。

 

 

数百円はさすがに少なすぎますが、

最低1000円でもあれば大丈夫です。

 

 

毎日缶コーヒー1本を我慢すれば、

130円×30日=3900円

 

 

タバコを毎日1箱吸っているのを、2日に1箱にすれば、

400円×15箱=6000円

(たばこ止めたので今の値段がわかりませんがこれぐらい?(^^;))

 

 

飲みに行くのをを2回ぐらい減らせば、

5000円×2回=10000円

 

 

毎月1万円も運用に回せるのであればばっちりですね。

 

 

お小遣い1万円を毎月10%複利で運用した場合

1万円のお小遣いをたった1万円とみるのか、

1万円もあるとみるのかは人それぞれですが、

タントンパパは1万円も運用出来るのはすごいと思います。

 

 

なぜなら、資金2万円で毎月1万円積立、毎月10%複利で運用すると、

たった25ヶ月目には100万円を超えてしまうのです。

 

 

毎月10%は出来過ぎですけどね。

 

 

それでも5%の運用でも、36ヶ月目には100万円を超えます。

 

 

凄くないですか?

 

 

毎日何気なく使ってしまっているお小遣いを運用するだけで、

こんなに大きなお金になって戻ってくるなんて、全く知られていません。

 

 

どうしても、投資や運用というと、

危険とか詐欺なんてイメージしかありませんからね。

 

 

日本人はお金の勉強をせずに大人になりますが、

大人になってから心配ごとで一番多いのは、お金の問題ですから。

 

 

お金について学ぶ事は、使いもしない方程式より

よっぽど役にたつと思っています。

 

 

 

お小遣いが少額でも運用できて、安全な投資先は?

お小遣いを運用するにあたって重要なポイントがいくつかあります。

  • 何に投資するか
  • どうやって運用していくのか
  • 少額投資出来る投資先は有るのか
  • 安全かつリターンの見込めるものはどこか

 

お小遣いを運用する場合、この4つが重要なポイントです。

 

 

このポイントを押さえている投資先は、2つあります。

1つはFX投資

2つは仮想通貨投資

 

 

「どっちも危険そうなんですけど(-_-;)」

 

 

そう思いますよね(笑)

 

 

でも、どちらも運用の仕方さえ間違えなければ、安全な投資先です。

 

 

FXと仮想通貨投資が安全な理由

FXと仮想通貨が危険と言われているのは、

FXの場合レバレッジがかけられるので、少ない資金でも大きな金額を動かせる。

 

そのため、失敗した時の損失が大きい。

 

 

仮想通貨は、それ自体が何ものかわからない。

無いものに対して価値があると思えない。

 

 

こんなところではないでしょうか。

 

 

しかしどちらも安全です。

 

 

FXはレバレッジがかけられますが、レバレッジをかけずに売買する事も出来ます。

 

 

レバレッジをかけないという事は、

万が一損失が出ても最小限に抑える事が出来ます。

 

 

ちなみに私のFX運用方法は損切りしません。

だから利益が出たときだけ売買します。

 

 

しかも取り扱うのは通貨です。

通貨は1つの国が管理しているとても頑丈な投資先です。

 

 

株式の場合は企業が投資先になりますので、

万が一不祥事や倒産してしますと、何の価値も無くなります。

 

最近では神戸製鋼所の不正が発覚して、かなり株価が下落していますよね。

 

 

10/6に1,368円だったのが、10/13には805円まで下がっています。

こんな事が株価では起こる確率が高いです。

 

 

国が無くなる事はなくはないのですが、まず考えにくい事ですから、

FXは安全な投資先と言えます。

 

 

また、仮想通貨については、これからますますヒートアップしてきます。

 

仮想通貨が怪しい詐欺と思われているのは

マウントゴックス事件があったからだと思います。

 

 

マウントゴックス事件とは、仮想通貨の取引所であるマウントゴックス社が、

65万ビットコインと28億円を消失したとして破綻しました。

 

 

原因として、当初はハッキングによって盗まれたと発表していましたが、

実際の所はこのマウントゴックス社の社長が横領していたことが発覚。

 

 

その後、社長は逮捕されています。

 

 

仮想通貨が怪しいとの評判を産み出したこの事件は、

よく事件でありがちな、社長が横領した事件だったわけです。

 

 

仮想通貨だから怪しいわけではなく、この社長個人の問題な訳ですね。

 

 

この事件があってから、他の取引所はさらに厳しく取り締まるようになったのは、

言うまでも有りませんよね。

 

 

今ではセキュリティー面では2段階認証をするなど、

力を入れていますので安全なんです。

 

 

またどちらも、少ない金額から取引が出来ます。

FXは何と4円、仮想通貨は取引所によって違いますが、

いまのビットコインの価格(60万円)なら600円から購入できます。

 

 

リターンについては、FXはこれまで何年もしてきましたが、

スワップポイントというものがあり、持っているだけでもお金が発生します。

 

 

FXの取引方法については今後紹介します。

 

 

ビットコインについてはまだまだこれからも

盛り上がりを見せてくるだろうとおもいますので、

値段がどんどん上がると思います。

 

もちろん私がただ単に予想しているのではなく

著名な方たちも、ビットコインの可能性について述べています。

 

ウェブボット開発者Clif High氏

2018年2月には$13,800(約150万6000円)

 

ウイルス対策ソフトで有名なJohn Mcafee氏

3年のうちに$500,000(約5400万円)

 

BitGoのソフトウェアエンジニアのJameson Lopp氏

2020年までに$250,000(約2,700万円)

 

Saxo Bankのアナリストである Kay Van-Petersen氏

今後10年間で1BTC=10万ドル(約1,000万円)

 

今の価格(2017年10月現在)は、

60万円ですからまだまだ上昇の余地がありそうですね。

 

 

ですので、安全性や将来性などを考えると

お小遣いで運用するならFX投資と仮想通貨投資をおススメします。