リップルは、時価総額が第3位を誇る仮想通貨です。

 

 

それほど多くの人が取引を行っている、

また、私達ユーザーにとって、非常にメリットが大きく、

技術革新の可能性が高い通貨であることがうかがえます。

 

 

ここでは、仮想通貨リップルの仕組みについてご紹介したいと思います。

 

 

仮想通貨リップルとは?

リップルは、ビットコインのような仮想通貨と同じです。

 

 

XRP(リップルの通貨単位)というネットワーク上の通貨を使用し、

様々な通貨と取引を行うことができるシステムです。

 

 

言わば、通貨としての機能だけではなく、

それ以上の機能を持つアルトコインです。

 

 

また、リップルは世界大手IT企業のGoogleが

出資を行ったことで有名な通貨となりました。

 

 

出資を行うほど将来性のあるアルトコインであることが分かります。

 

 

リップルは、1000種類以上ある仮想通貨の中で、

時価総額ランキングは第3位であることから、

世界的に認められている仮想通貨であると言えます。

 

 

東京三菱UFJ銀行は、リップルの利用を表明後、

価格が6倍近くも高騰し、注目を集めています。

 

 

リップルの仕組み

リップルは、ビットコインの欠点を補う通貨として注目を集めています。

 

 

リップルとビットコインの大きな相違点は、

単一オンライン上での通貨ではない点です。

 

 

リップルは、金銭取引サービスを行うための「トークン」となります。

 

 

ビットコインは採掘量が決まっています。

もちろん、リップルもコインの上限量が決められています。

 

 

ビットコインは上限2100万枚であることに対し、

リップルは上限1000億枚です。

 

 

この時点ですでにコインの上限は約5倍となります。

 

 

リップルは、ネットワーク上で、トランザクションが起こると、

自然にリップルが減少する設計となっています。

 

 

リップルは支払いシステムとなる

リップルは、2004年にRyanFuggerという開発者が作成しました。

 

 

リップルを使用することで、銀行間での取引の際、

迅速な上、安い手数料で送金を行うことができるよう、

世界中にネットワークを拡大しています。

 

 

また、決済がビットコインよりもスピーディに行うことができます。

 

 

実際のところリップルは、

ビットコインに存在する欠点を補う意味で開発された

仮想通貨であると言われています。

 

 

世界の主要大手銀行を筆頭に、

多くの銀行がリップルのネットワークに参戦しているのです。

 

 

与沢翼氏がリップルに1億円投資!

与沢翼氏が、リップルに1億円もの大金を投資していると言われています。

 

 

そもそもの予算が3億円という費用であることから、

かなりの強者であると言えます。

 

 

そして、与沢氏がリップルに投資を行ったことで、

世界が大きな注目を集めているのです。

 

とにかく、googleや与沢翼さんも注目されているリップルですから、

将来性があって期待できます。

 

 

リップルを購入するには、

取引所へ無料口座開設が必要になりますので、

暴騰して買いづらくなる前に、

今のうちに仕込んでおく方が良いかもしれませんね。