サラリーマン兼主婦のタントンパパです。

 

 

前の記事で、老後資金は夫婦無職の場合2000万円以上必要と書きましたが、

実際に2000万円をどうすれば貯めれるのか考えなければいけませんよね。

 

 

そこで今回は、30歳から始めるとして、

今の定年の基準である65歳までに

老後資金の2000万円を貯めるにはどうしたらいいか紹介しますね。

 

 

30歳から65歳までに2000万円を貯蓄で貯めるには毎月いくら必要なのか?

お給料から、そのまま毎月貯めて、2000万円にするには

毎月いくらぐらい必要なのでしょうか?

 

 

30歳から65歳ですので35年間

 

35年間を月数にすると、35年×12ヶ月=420ヶ月になります。

 

2000万円 ÷ 420ヶ月 = 47,619円/月

 

 

なんと、30歳から65歳までに2000万円貯めるには、47,619円も必要なんです。

 

 

でも、今もカツカツの生活なのに、

毎月5万円近くも捻出するのはちょっと無理がありますよね。

 

 

その場合どうすればよいでしょうか?

 

 

5万円も毎月貯金なんてできない場合は、どうすればいい?

35年で2000万円貯めるのに毎月必要な47,619円。

約5万円近いお金を貯金に回すのは正直難しいですよね。

 

 

飲みに行くのを我慢して、

たばこもやめて、

車も諦めて、

食費も切り詰めて、

それでも足りないのではないでしょうか。

 

 

なにより、そんな生活が35年間も続けられるとは思いません。

 

 

では、貯金が難しいのであれば、他の手段を考えないといけませんよね。

 

 

そこで、私がおススメするのは積立投資です。

 

 

積立投資とは、毎月一定金額を投資していく投資法です。

 

 

金額は自由に決める事が出来て、

最低1000円からでも始められる安全な投資法です。

 

 

そして積立投資を薦めるのは、安全な他に

投資には複利というものがあるからです。

 

 

複利とは運用していく中で出た利益をさらに投資資金に回す事を言います。

 

 

例えば10万円の資金に対して、1万円利益が出た場合に、

この1万円を引き出して、遊びに使ってもいいのですが(笑)

遊びに使わずに資金10万円+1万円の11万円として資金に回す事を言います。

 

 

この複利をうまく使う事で毎月5万円近くも貯金しなくても

2000万円を貯める可能性が高くなります。

 

 

ではどれぐらいの資金が必要なのでしょうか。

 

 

長期投資をシュミレーションしてみた

例えば毎月1万円を積立、月利1%で複利運用したとします。

資金1万円に対して、月利1%はたったの100円ですから難しくはないですよね。

 

 

そして2ヶ月目は、1ヶ月目の資金1万円と月利100円、

そして2ヶ月目の1万円を足した20100円の1%を足していきます。

 

 

このように、資金1万円を月利1%を足していくと・・・

(エクセルでシートを作りました)

 

なんと30歳から65歳になる420ヶ月目には、

64,309,595円にもなります!

 

 

大幅にクリアしましたね!

 

 

しかも、1万円でしんどい場合は、半分の5000円でも3200万円近くになりますので、

貯金の10分の1のお金でも、長期投資なら老後資金を貯める事が出来るんですね。

 

 

老後資金2000万円を貯めるための、積立投資先の選び方は?

そこで、次に重要な事は、積立投資先には何を選べばいいのかですよね。

 

 

毎月1%の利益であればそんなに難しく考える必要はありません。

 

 

何よりも投資先の選び方で必要な事は手数料です。

 

 

売買を繰り返すわけではありませんが、長期積立投資は毎月購入しますので、

その度に手数料を取られてしまいます。

 

 

1回だけならたった数百円ですが、

毎月数百円が積もり積もるともったいないですよね。

 

 

そこで、手数料が無料で積立投資に向いている投資先と言えばFXです。

 

 

FXは、「危険だ」「破産するぞ」なんて言われていますが、

FXはレバレッジをかけなければ全く危なくありません。

 

 

何より1つの国が中央集権として権利を持っていますから、

株式の様に倒産して無価値になる様な事はまずありません。

 

 

また、FXは売買益だけでなくスワップ金利がもらえます。

 

 

スワップ金利は持っているだけで金利がもらえてお金が増えていきます。

 

ぜひ、長期投資をFXで老後資金の2000万円を貯めていきましょう!