「65歳で定年して、老後はゆっくりと孫と遊びながら暮らしたい。」

以前、高齢になられる方々は定年退職後、

自分の好きな時間を過ごしているように思っていましたが、

今の60歳以上の方々はまだまだ現役で働いている方が、多い様に思います。

 

 

現に私は、お仕事を探す方々とつながりのある仕事をしていますが、

若い方に限らず、60歳以上の方が求職者として

仕事を探している状況が続いています。

 

 

中には70歳以上の方も。。。

 

 

そこには高齢になっても働かないといけない状況があると言えます。

 

 

老後資金はいくら必要?なぜ高齢者でも働くの

総務省が発表している「家計調査報告」によりますと、

60歳以上の無職夫婦世帯では約5.5万円

シングル世帯で3.6万円の赤字となっている様です。

 

 

毎月年金をもらっているにも関わらず赤字が続いている状況ですね。

しかも、今の20代30代が年金を受給するころには

今よりもさらに6~7割も減る可能性があるんですよね。

 

 

もし減らないとしても、現在は年金の受給開始が65歳ですが、

70歳や75歳になる可能性があります。

 

 

それに合わせてかわかりませんが、

国は定年制度を70歳もしくは廃止するように働きかけていますからね。

 

 

今、受給している方々でも毎月赤字なのに、

私たちのころには年金が少なくなって、赤字が膨らんでいるに違いありません。

年金なんてあてにしていると、痛い目を見るかもしれませんね。

 

 

そこで毎月の赤字5.5万円を補っていくには、

老後の資金としていくら必要か計算してみましょう。

 

 

老後資金を計算して、必要な老後資金を出してみよう。

サラリーマンの方は、定年が60歳ですが年金の受給に合わせて、

再雇用で65歳まで働くと仮定しますので、

65歳から計算しますが、いくつまで生きるかは人それぞれでわかりませんね。

 

 

医療の発達などで人生100年時代に突入すると言われていますので、

ここは100歳まで生きると仮定して計算します。

 

 

65歳~100歳まで、毎月5.5万円足りないとしたら

計算式は 年金が足りない年数 × 1年間の赤字額 で表します。

 

100歳―65歳=35年(年金が足りない期間)

5.5万円×12か月=66万(1年間の赤字額)

35年 × 66万円 = 2310万円

 

 

なんと驚きの2310万円も必要になります。

 

 

しかもこの金額は毎日の生活費だけの金額です。

病院代などのまとまった必要なお金は入っていません。

 

 

まだまだお金はかかりますね。

 

 

何歳まで働かないといけないのか?働かなくていい様にするには?

老後に必要なお金を見ると、今の高齢者の方々が働いている理由が良くわかります。

 

 

昔は60歳以上でも働いている方の印象としては、

・家にいても暇だから

・やる事が他にないかた仕方なく

・手伝ってと言われたから、手助けで

 

このように昔は60歳以上でも働いている方々は

あまり働く必要が無いけれども、働いている印象でしたが、

今の高齢者は、

いつまでもお金がなく、働かないと食べていけないから働いている

そんな感じに見えます。

 

 

老後に働かなくてもいい様にするには?

では、今の20代から40代が老後に備えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

それは、もちろん老後の資金を蓄えておく事ですが、

これだけ大きな金額になると貯蓄だけでは賄えません。

 

 

ですので、貯蓄だけでなく投資も始める事をおススメします。

 

 

投資と聞くと危険とか難しいとか資金が無いと出来ないイメージが有りますが、

私がしている投資は、長期の積立投資ですので、

安全で、勉強する必要がほとんどなく、ほったらかしで、

しかも毎月1000円からでも始められるものです。

 

 

毎月1000円なら無理なく出来ますよね。

 

 

何もせずに老後につらい思いをするのか、

無理のない中で少しずつ準備するかの違いだけで老後楽できるか、

働き続けないといけないか変わってきます。

 

 

今からでもまだまだ大丈夫ですので、思い切って投資を始めてみましょう!