仮想通貨での投資を始めるにあたって、

必ず利用しなければならないのが取引所です。

 

 

専用の取引所で仮想通貨を購入する訳ですが、

どんなにセキュリティが万全でもリスクは伴います。

 

 

今回は仮想通貨取引所を利用する際に、

視野に入れておいて欲しいリスクについて

お話させて頂きたいと思います。

 

 

仮想通貨の取引所はハッキングや破錠の可能性も!?

まず仮想通貨の取引所を利用するにあたって考えられるリスクは、

取引所がハッキングされたり破錠なんて事にあった場合には、

資産がゼロになってしまうなんてリスクも有り得ます。

 

 

せっかく投資して増やした資産がゼロになってしまうなんて事は

避けたいですが、取引所の利用方法によっては、

そのリスクを低減させることも可能です。

 

 

例えば、1つの取引所に増やした仮想通貨を全て預けてしまうと、

その取引所がハッキングにあったり破錠した場合に

全ての資産が無くなってしまいますよね?

 

 

ですので、最近ではいくつかの取引所を利用して、

資産を分散させているという方も少なくありません。

 

 

同じ100万円の仮想通貨でも、

4つの取引所を利用していて25万円ずつ分散させていれば、

そのうちの1つの取引所でハッキングや破錠などの

トラブルが起きても75万円分は残るので、

全ての資産を失ってしまうリスクは回避する事ができます。

 

 

複数の取引所を利用する際も、

マイナーな取引所ではなく信用のおける

大手の取引所を選ぶようにしましょう。

 

 

大切な仮想通貨を失わない為にもウォレットへの移動を!

仮想通貨を保管する際に取引所のウォレットを利用している方も

多くいらっしゃいますが、

どんなに高セキュリティの取引所だとしても、

ハッキングや破錠のリスクはついてまわります。

 

 

大手の取引所がいきなり破錠するなんて

あまり考えられないかも知れませんが、

今の世の中何があるか分かりません。

 

 

仮想通貨の暴騰によりどんどん価値が上がっているわけですから、

その大切な資産を失わない為にも

個人ウォレットへの移動をおすすめします。

 

 

ウェブウォレットなんてものもありますが、

そちらもハッキングや詐欺などの可能性も考えられますので、

ソフトウェアウォレットかハードウェアウォレットに

仮想通貨を移動して保管しましょう。

 

 

こちらは自身のパソコンで仮想通貨を管理する事になるので、

個人のパソコン自体がウィルスに感染したり

ハッキングされない限り資産を守る事ができるので、

取引所に預けておくよりリスクも低減されるでしょう。