積立投資は投資の中でも安定して利益を出しやすい投資法ですが、

当然デメリットもあります。

 

 

全てが順風満帆であればいいのですが、

そうはいきません。

 

 

あとで、こんなはずでは無かったと思う前に、

必ずデメリットも知っておきましょう。

 

 

もちろんデメリットの解消方法もありますので、

そちらも紹介して行きます。

 

 

積立投資のデメリットと解消方法

 

元本保証ではないのでマイナスになる事もある

投資に絶対や必ず儲かるは有りません。

 

その為、購入した金融商品が値下がりしてしまい

元本を割り込む場合が有ります。

 

ですが積立投資は一時的な評価損益は気にしません。

だから損切りもしません。

 

積立投資は短期売買を目的としていませんので、

元本が割れている状態なら、そのまま持っておけばいいです。

 

将来的に利益になればいいので、

元本が割れる事はもちろんありますが、

気にする事ではありません。

 

 

資金の伸びがゆるやか

運用資金は、初めのうちは特に少ない資金で運用していますので、

伸びが少ないです。

 

ですが、コチラの記事でも書いていますが、

資金が増えれば増えるほど、運用益も増えやすくなり、複利の効果で

どんどん資金が多くなります。

 

そうなれば後は雪だるまのように増えてきますので、

始めの内はコツコツと投資をしましょう。

 

 

値上がりし続けている場合は不利

値上がりし続けるものを購入する場合は、

積立よりも一括で購入した方が利益が大きくなります。

 

しかし、短期的に値上がりし続ける事は有りますが、

長期的に見て値上がりし続ける事は有りません。

 

必ず上がったものは落ちてきます。

 

落ち着いて長期投資をしていきましょう

 

 

トレードする事があまりないので暇

長期投資は月に1回もしくは数回金融商品を購入するだけですので、

ほとんどする事がなく暇です。

 

私の場合は積み立ては1か月単位ですが、

余りに暇すぎるのでトレードは1週間に1回にしています。

 

それでも、トレード自体は数秒で終わってしまうので、

暇です。

 

しかし、暇という事はそれだけ時間に取られることは有りません。

 

短期売買は常にチャートとにらみ合いっこしながら、

一瞬のすきも逃せません。

 

株などは種類も多いのでどの株に投資するのか、

分析に時間がかかってしまいます。

 

長期投資はその分違う事もしても良いですし、

もちろん投資の勉強をすればいいので、

時間の使い方次第ですね。

 

 

知識がつかない

知識がつかないと言い切ってしまうのは語弊があるかもしれませんが、

勉強や分析する必要がない為、知識が無くてもトレード出来るので、

何もしなければ知識はつきません。

 

ただ、勉強してはいけない訳ではありませんし、

もちろんしないよりはした方が良いです。

 

勉強するかしないかはあなた次第ですので、

必要と感じれば勉強すればいいですし、

違う事に使いたければ、そうすればいいだけです。

 

 

デメリットは有るが、積立投資ではそれほどたいしたことではない

デメリットを紹介しましたが、ほとんど気にする必要はありませんね。

 

 

投資は難しく、資金が必要で、時間が無いと出来ないと言われていましたが、

積立投資にはそんなデメリットがありません。

 

 

簡単に、資金も少額から始められて、

時間はかからないのが積立投資ですから、誰でも取り組める優れものです。

 

 

それでいながら、預金するよりも数十倍、

数百倍おリターンが見込めるのでおススメです。

 

 

ぜひ、1000円からでも始められますので、思い切って始めてみましょう!