Zaif(ザイフ)では、ビットコインの購入をクレジットカードで決済することができます。

 

 

しかし、実際には、ビットコインを購入する際、クレジットカード決済を行うことはNGであると言われているのです。

 

 

そこで、ここでは、Zaif(ザイフ)でビットコインを購入する際、クレジットカード決済を行わない方が良いとされる理由についてご紹介したいと思います。

 

 

ビットコインをクレジットカード決済しない方が良い理由は??

ビットコインなど、多くの仮想通貨を取り扱うZaif(ザイフ)は、本来であれば、取引所の口座に入金し、現金でビットコインを購入することが一般的であると言われています。

 

 

しかし、クレジットカード決済に対応している取引所も数多くあり、Zaif(ザイフ)もそのひとつです。

 

 

クレジットカード決済ができると、現金をすぐに準備しなくても良い為、とても便利ですよね。

 

 

その便利さの反面、手数料が高額になることから、ビットコイン購入時はオススメできないと言われています。

 

 

ちなみに、Zaif(ザイフ)では、ビットコインとモナコインを購入する際は、クレジットカード決済が可能です。

 

 

クレジットカード決済を行った場合の手数料は?

クレジットカード決済を行うと、その時のレートで手数料も変動するため、大きく見ると、現金でビットコインを購入する時よりも、約8%ほど割高で購入することになってしまうのです。

 

 

購入時にできるだけ費用を抑えておけば、それだけ値が上がった時に利益を得ることができる為、本来であれば少しでも安く購入しておきたいと思いますよね。

 

 

そう考えると、やはり、クレジットカード決済は、元手が掛かってしまう為、オススメできません。

 

 

やっぱりザイフは現金入金がお得!

Zaif(ザイフ)を利用してビットコインの購入を検討されている方は、入金をおこなってから購入する方が断然お得であると言えます。

 

 

銀行口座を利用して入金を行う場合は、遅くても翌日にきちんと反映される為、少しでも費用を抑えたい方は、入金してからビットコインを購入しましょう。

 

 

また、それ以上に急ぎの場合などは、手数料が数百円かかってしまいますが、コンビニ入金やペイジ―入金を利用すると良いでしょう。

 

 

手数料と言っても、クレジットカード決済と比較するとそれよりも遥かに安くお得感があります。

 

 

その他、取引所によっては、住信SBIネット銀行から入金を行うことで、即座に口座へ反映される上、手数料もとても安く、便利です。

 

 

ひとつ、住信SBIネット銀行口座の開設をしておくととても便利ですよ。

 

 

ザイフでビットコインをクレジットカード購入する際の手数料は?

ビットコインを購入する際は入金して購入するのが絶対的にお得です。

 

 

銀行口座から入金する場合、最短で当日、遅くても翌日には反映されます。

 

 

急ぎの場合はクイック入金があります。

 

 

コンビニ入金やペイジー入金を使えば、取引所口座に即時反映させることが可能です。

 

 

手数料は数百円かかってしまいますが、クレジットカード決済による手数料に比べれば断然お得です。

 

 

また、取引所にもよりますが、住信SBIネット銀行から入金すれば10分程度で反映されることが多いです。

 

 

手数料も安いので、住信SBIネット銀行の口座は開いておくと便利です。